弁護士には無料相談から~夫婦関係の離婚トラブル受付科~

弁護士

弁護士への相談が重要

早めの相談ほどメリット

離婚

離婚は、いざ離婚を決めてから弁護士を立てる、或いは離婚成立後に問題が生じて弁護士に頼らざるを得なくなるといったケースも少なくありません。 しかし、一般の人がなかなか知り得ない、法曹の世界の中でも基準を有効に活用すれば離婚に向けて本来享受する権利を有しているメリットを知り、そして活用することができるという点も少なくありません。 そうした基準の一つに婚費と呼ばれる、別居中の夫婦の場合に、例えば片方だけが収入があり、それが給与所得である場合、収入額と子供がいる場合にどちら側で何人の子供が生計を共にしているかなどに応じて、給与所得の内の一定額を稼ぎの無い側に毎月支払う必要があるというものが存在します。 こうした情報を理解しておくことは結果的に少なくないメリットがありますので、離婚を決めた後や、離婚協議が難航した段階ではなく、離婚を考えた段階でまずは弁護士に相談してみるという事が、自分の頭を冷静にするという意味も含めて、大切なのです。

弁護士にも得手と不得手

一括りで弁護士と言っても、今日では法律も多岐の分野で細部にわたって存在します。しかも、弁護士の相談範囲は必ずしも法律のことだけとは限りません。 ですので、一人の弁護士が全ての法律の領域に関してカバーをすることなど不可能です。このような時代背景を受け、近年では弁護士の中でも得意分野、専門分野が細分化されつつあります。 こうした傾向を踏まえて、離婚に関しても、家事問題を専門に取り扱う弁護士は少なくありません。そうした家事問題を専門に扱う弁護士は、やはり、法的な問題以外の面でもアドバイスや専門的な知見を教示することができます。 ですので、離婚を考えた際は、自分の中で最終結論を出す前に、まずは離婚専門の弁護士に相談してみることが最適です。それによって現実的にどのような課題が生じ、やらなければならない事は何なのかも分かり、理性的な判断ができるようになるからです。